YouTubeも更新中!

ローストビーフ寿司の作り方【フライパンひとつで手軽に!】

ローストビーフ寿司の作り方をご紹介します。

ローストビーフは一見難しいイメージですが、寿司のサイズであれば肉が薄いため、フライパンの予熱で簡単に火を通すことが出来ます。手軽に寿司を満喫できる贅沢レシピですので、ぜひ試してみて下さい。

 

ローストビーフ寿司の作り方

1 材料

牛ももブロック(ローストビーフ用牛肉) 300g
塩 小さじ1/2程度
こしょう 適量

オリーブオイル 適量

ごはん 400g
☆酢 大さじ2
☆砂糖 大さじ1
☆塩 小さじ1

わさびじょうゆ・ポン酢・ステーキソースなど

 

2 作り方

① 牛肉をしっかりと常温に戻す。

② 牛肉に塩・こしょうを両面にふり、オリーブオイルを敷いたフライパンで表2分・裏1分程度、中火で焼く。

③ 両面を焼いたらすぐに、2重にアルミホイルを敷いた皿に取り出し、しっかりと牛肉を包む。さらにその後ふきんで覆い、1時間余熱で火を通す。

 

④ 酢飯を作る。温かいご飯に☆を加え、切るように混ぜる。その後乾燥しないように濡れ布巾を被せて冷ます。

⑤ ③の牛肉を切り分け、寿司を握る(握り方は、動画で詳しくご紹介します)

 

 

3 YouTubeの料理動画でご紹介

 

【point】
① 冷たいまま加熱すると中まで火が通らないため、しっかりと常温に戻しましょう。

② 牛肉の焼き時間の目安として、1㎝につき1分程度焼くと、焼き加減のバランスが整いやすくなります。

③ 寿司の簡単な握り方は、動画でご紹介しています!

 

おまけ

このレシピを作ろうと思ったきっかけとして、撮影機材を新しくしたことが挙げられます。

 

「せっかく高い一眼レフを買ったんだから、しっかりと映える料理が撮りたい!」

 

と思い行きつけの肉屋に行ったら、良いタイミングでローストビーフ用の牛肉が・・・!といった経緯で、急遽レシピを作りました笑

 

特にこのレシピは、実は「寿司」にしたほうが都合がよく、寿司用の大きさであれば肉が薄いため、火も通しやすくなっています。そのため、今回はどちらかというと「薄めのお肉(2~3cm)」推奨です。

 

パーティー・おもてなし・誕生日の一品・そして新しい一眼レフを買ったとき。

 

(一つ変なのが入ってますが)見た目も、そして味も大満足できるレシピですので、ぜひお試しあれ!

 

ローストビーフ寿司 まとめ

今回は、ローストビーフ寿司の作り方をご紹介しました。

ローストビーフ自体を冷たい寿司と合わせるため、どちらかというとさっぱりしたソース(しょうゆ・ポン酢)に合う印象で、見た目も味も楽しめるレシピになっています。口の中が幸せでいっぱいになる料理ですので、ぜひ試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です